SERNYA
menu
チベットの「いま」を伝えたい
top1 top2 top3 top4

チベットの作家たちが生み出す文学や映画には、何といってもチベットの文化や風俗が染み込んでおり、それに触れる私たちに新鮮な驚きや喜びをもたらしてくれます。

今、たいへん活気のあるチベット文学と映画の世界。本誌『SERNYA (セルニャ)』では、そんな熱気を帯びる文学と映画制作の現場に密着しながら、文学と映画を通してチベットの「いま」を伝えていきます。

2022年9月6日(火)

チベット現代文学フェス2022

10月8日と9日に新宿歴史博物館にて「チベット現代文学フェス2022」を開催します。一緒に作品を味わいましょう。映画上映や冊子セルニャのコーナーも。参加費無料、要事前申込。ふるってご参加ください。

(星泉)
イベント
2022年4月28日(木)

『チベット幻想奇譚』が刊行されました

2022年4月27日に春陽堂書店より、『チベット幻想奇譚』が刊行されました。チベットで現在活躍中の様々な世代の作家10人の作品を集めた日本オリジナルのアンソロジーです。

(星泉)
書籍紹介
2022年4月19日(火)

ツェラン・トンドゥプのショートショート

ツェラン・トンドゥプが発表しているショートショートで、これまで邦訳では発表されていない作品を順に紹介していきます。

(海老原志穂)
作品紹介
2022年4月19日(火)

ラシャムジャ短編集『路上の陽光』が刊行されました

長編小説『雪を待つ』以来、7年を経て、ラシャムジャの短編集『路上の陽光』が刊行されました。切なさを陽光で包み込んだような8つの物語は、YA世代にもお勧めしたい作品揃いです。ぜひ手にとってみてください。

(星泉)
書籍紹介
2022年4月19日(火)

セルニャのウェブサイトを立ち上げました

チベットの「いま」を伝えたいというコンセプトで、2013年から冊子とブログで情報発信を続けてきましたが、このたび情報発信の本拠地としてウェブサイトを立ち上げました。

(星泉)
お知らせ
north